calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

ご飯1日3杯以上の女性、糖尿病リスク1.5倍???

読売新聞が出している記事です。

この記事をまともに信じていいのでしょうか?
昔の日本人は米ばっかり食べています。
パン食とか殆ど無いです。
ということは、昔のほうが糖尿病が多かったことになります。
もちろん、うどんを食べていたのかもしれませんし、あまり量を食べることが出来なかったかもしれません。また、白米を食べなく玄米を食べていると全く違う結果になるのかもしれません。

1日に3杯以上のご飯を食べる習慣がある人の中で、朝昼晩1杯ずつ食べる人と、朝トースト・昼お弁当・夜ご飯2杯の人では全く意味合いが違いますよね。
全体の食べる量を比較しない結果などはあまり意味が無いと思います。

アメリカ人に比べ日本人は遥かにお米を食べます。
でも糖尿の比率はアメリカ人の方が高いわけですから、パン食の方が糖尿になる確率が高いと言っているようなものです。アメリカ人の食べる量の多さを無視して結論を出すなんて出来ないはずです。

食べる量と運動とのバランスで考えてください。
食べ物のバランスも大切ですので、よもぎ青汁を上手に利用して快適な生活を送ってください。


記事の内容は以下から

1日にごはんを3杯以上食べる日本人女性は糖尿病の発症率が高いことが、国立がん研究センターなどによる6万人規模の追跡調査でわかった。


 12日、発表した。

 炭水化物を多量に摂取すると発症率が高まることは知られているが、米食と糖尿病との関連を大規模に調べたのは初めて。

 岩手や長野、茨城、沖縄など8県在住の45〜74歳の男女約6万人を対象に、1990年代初めから5年間にわたり追跡調査した。このうち1103人(男性625人、女性478人)が糖尿病になった。

 米飯の摂取量との関連を調べたところ、女性の場合、1日に茶わん3杯を食べるグループは、糖尿病の発症率が1杯のグループに比べて1・48倍に、4杯以上だと1・65倍になっていた。ただ、肉体労働やスポーツを1日1時間以上行うグループは、摂取量と発症率に目立った関連はなかった。

 男性の場合、女性に比べて摂取量との関連は小さいが、運動しない人の発症率は高まる傾向にあった。

 米を多くとる女性の生活習慣などが糖尿病を引き起こしている可能性もあり、今回の調査からは、米が糖尿病の原因になっているとは断定できない。データを解析した国立国際医療研究センターのチームは「米飯を含む食習慣全体をバランスよくすることが大切だ」と勧めている。

(2010年11月12日14時42分  読売新聞)



PR:ヨモギ100%のよもぎ青汁


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック